ギブソンのビンテージレスポールの高騰、その理由とは?

ギブソンのビンテージレスポールの高騰、その理由とは?

アマチュアからプロまでエレキギターを弾く人は数多く存在していますが、誰もが憧れる高級ギターと呼ばれているのがギブソン社のレスポールです。
製造と販売は1952年からスタートし、現在まで多くのモデルが世に送り出されてきました。
これだけ広く知られるようになったレスポールですが出始めのころはあまりに個性が強く不人気でしたが

1957年モデルが誕生したころから認知度が高まっていきました。

現在、ビンテージのレスポールの中でも特に希少価値が高い物とされているのが1958年から1960年にかけて製造された通称バーストと呼ばれるモデルです。
現在は様々なサンバーストカラーがありユーザーは自分好みの色を選ぶことができますが、初めてサンバーストカラーが登場したときはこの一色のみでした。

1958年にデビューしたサンバーストカラーは当初は人気が出ず、59年から60年にかけてマイナーチェンジが行われましたが

思うような結果は得られず、ギブソンのラインナップから外れることとなりました。

その後、1960年代の終わりごろにエリック・クラプトンとジミー・ペイジがレスポールを手に取り演奏したことで、評価が一変します。
ロックギターのキングとまで呼ばれるようになり、世界の総々たるミュージシャンが愛用し、現在もその名声は褪せることなく続いています。

エレキギターの最高峰と呼ばれているのが1959年製のレスポールで、海外のオークションでは家を購入できる額で落札されています。
高額で取引される理由は希少価値があるからですが、ギター自体の魅力もあります。
木が乾いているので独特の音色を出し、生でもよく鳴ります。

1958年製と1959年製は塗料の性質でカラーがレモン色に変化して独特の色合いになっています。
メイプル材が美しいのはよく知られていますが、見る角度によって美しいトラ模様が見えます。
木材と部品が古くなることで音と雰囲気がよくなっています。

生産台数は100~200台とされており、現在ではマーケットに出てくることはほとんどありません。
多くは著名なギターコレクターやギタリストの手にあり、もし手放すとなっても内輪で取引されることがほとんどのため

稀にオークションに出てくると、とてつもない値段になるのにはこういった背景があります。

日本全国対応!お電話1本でスグに無料査定!

無料査定・ご相談は0120-083-084
お手軽に買取額を知るならこちら